投資家シロヤマ 初心者の「気になること」

株式投資初心者の「気になること」を取り上げます、多様で複雑な経済状況・市場動向のインプットに対して、わかりやすく分析・予想を行い、どのように資産運用・投資行動するか、サポートします

米国株は史上最高値続くが、日本株は本格反転できるか?いつするか?

今回の気になることは「米国株は史上最高値続くが、日本株は本格反転できるか?いつするか?」です


米国株は、史上最高値の更新が続いています
一方、日本株は、停滞気味です、本格反転できるのか、いつできるか見通しを立てて、
今後の投資行動を考えましょう

f:id:siroyama7:20190714182110j:plain

 


1.米国株、史上最高値更新が続く

米国株は、底堅い景気指標、米中貿易戦争の一時休戦、FRBの利下げ姿勢の好材料を
もとに、2018年10月に付けた史上最高値を更新し、さらに上値をうかがう勢いがある

  

f:id:siroyama7:20190714182148p:plain

NYダウ、日経平均、中国上海株の推移


2.日本株は出遅れ

一方、日本株は2018年10月に付けた高値 日経平均2400円台に対して、
2100円台までしか戻しておらず、好調な米国株に対して日本株の出遅れ感が強い


3.日本株の出遅れ理由

日本株の上値を抑えている理由は、
 ・7月の参議院選挙
 ・10月の消費増税
 ・中国景気減速
 ・企業業績予測の低調

など、企業業績が今ひとつ、上がる見通しが立たないからと思われる


4.日本株は本格反転できるのか?

日本株が本格反転するには、上記の市場の不透明感の払拭が必要である
7月中旬からはじまる決算発表にて業績実績や業績予測が上方修正されると
株が本格反転すると思われるが、中国景気減速感が払拭されない中であり、
もうしばらく時間がかかりそうです

さらに10月の消費増税も控え、消費マインドが低下しているのも、大きいです


5.日本株はいつ本格反転するか

中国の景気減速感は、株や景況感指数から見ると、低調な状況が続いていることが
見えます
しかしながら、政府による景気刺激策が打たれており、景気減速感が底を付き、
本格上昇は近いと思われます

従って、日本株は本格反転するキッカケ待ちの状態にあると思われ、7~10月には
本格反転すると予想します

 

f:id:siroyama7:20190714182310p:plain

中国景況感指数(PMI)


6.今後の投資行動

日本株については、本格反転するまでは、何度か上昇後に低下する騙しがあるので、
注意が必要です、半年先を見据えて、当面の種まきを行い、秋の収穫にそなえたい
ですね


7.まとめ

 ・米国株は史上最高値更新が続く

 ・米国経済は底堅く、米中貿易戦争の一時休戦、FRB利下げ姿勢により
  上値を追う強い勢いが続く

 ・日本株は出遅れ感が強く
  出遅れ理由は、消費増税、中国景気減速、企業業績低調にある

 ・日本株は、7~10月に本格反転すると予測

 ・本格反転するまで、上下を繰り返し騙しがあるので、注意が必要

 

  自分の将来に向かって、リスクとリターン、時間軸を考えて行動しよう 
  投資は自己責任で、よりよい資産運用を!!
 
  本件、少しでも参考になれば幸いです
  スター、ブックマーク、読者登録など元気になります、よろしくお願いします