投資家シロヤマ 初心者の「気になること」

株式投資初心者の「気になること」を取り上げます、多様で複雑な経済状況・市場動向のインプットに対して、わかりやすく分析・予想を行い、どのように資産運用・投資行動するか、サポートします

米雇用良好も株下落!予防的利下げは成功するのか?

今回の気になることは「米雇用良好も株下落!予防的利下げは成功するのか?」です

7/5に、アメリカ労働省が発表した6月雇用統計は、労働市場の堅調な拡大が確認され、予想を上回る結果となった

米中貿易摩擦による景気減速の懸念からFRBが利下げによる景気刺激を行うことが期待されていたが、やや遠くなり、失望から株価は下落が見られた
予防的利下げは成功するのか見通しを立てて、今後の投資行動を考えましょう

 

 

f:id:siroyama7:20190707154653j:plain


1.米6月雇用統計

7/5に、アメリカ労働省が発表した6月雇用統計は、米・6月非農業部門雇用者数は予想を上回り、
+22.4万人となり、失業率は予想を上回り3.7%となった。
平均時給は予想を下回り前年比+3.1%となった


2.市場の反応

米株価3指数とも下落した
 ダウ30:-43.88下落(-0.16%)
 S&P500:-5.41下落(-0.18%)
 NASDAQ:-8.44下落(-0.1%)

米10年国債利回りは上昇した
  +0.09ポイント

市場は、労働市場の低下による、7月の利下げを期待していたことが、見受けられる


3.過去の利下げ局面

過去FRBが利下げしたケースは、1995年以降に過去4回ある

95年、98年、2001年、2007年であり、そのうち2001年、2007年はITバブル崩壊、リーマンショックなど景気後退後の利下げである
95年、98年は景気後退を未然に防ぐ予防的利下げであり、景気拡大延命に成功している

  

f:id:siroyama7:20190707154731p:plain

アメリカFRB 政策金利の推移

 

f:id:siroyama7:20190707154811p:plain

アメリカ ダウ30種平均の推移

4.今回の予防的利下げは成功するか?

今回の利下げは、景気後退を未然に防ぐ予防的利下げである
過去、予防的利下げは成功しており、今回はどうか?
過去2回の90年代後半と状況を比べてみる
90年代後半に政策金利は5~6%、現在は2.25~2.5%と、極めて低い
過去2回の利下げは、景気延命に成功しているが、金利が極めて低く低インフレ下での
利下げは、歴史的に初めてのケースである

利下げの背反は、景気過熱・バブル化であり、その先の景気後退である

利下げが成功するかは、景気が冷え過ぎないように、過熱し過ぎないようにと、
FRBが市場と対話できるかに掛かっている
市場との対話に対しても、過去に比べて、インターネット・スマホ・SNSの普及に

より、瞬時に世界中に情報が行き渡る環境となり、悪い情報は瞬時に伝わるが、小さな変化が刻々と伝えられ、いい方向にいくのか悪い方向に行くのか、不透明である

 

5.FRBは市場対話しやすいが...

過去に比べて、インターネット・スマホ・SNSの普及により、経済指標や市場反応は情報量が増え、
タイムリーに分析しているので、市場と対話しやすい環境下あると思われる
しかし、政治は要注意であり、突発的な発言により、市場は楽観的になり不安にもなるので、政治影響は予想が難しい
特に、トランプ大統領の突発的な発言、20年秋の大統領選挙が大きな影響を受けると思われる

 

6.今後の株価見通し

20年秋の大統領選挙までは、FRBは今回の利下げの是非を含め、どちらになっても市場対話をうまく進めるので、米国株は史上最高値を続伸していくでしょう
日本株は、上記環境下でも利下げした場合、円高方向となり上昇幅は低調となるでしょう
日本経済の潜在能力を信じると、いずれにしても仕込みのチャンスとも見れます

中長期的には、米国大統領選挙の状況を見て、米国の国内状況、対外政策を見極めて、
投資行動を考えることが重要かと思います


7.まとめ

 ・米国6月雇用統計は、予想を上回る結果

 ・利下げ期待の後退により、株価は下落

 ・95年以降、過去4回の利下げのうち、2回は予防的利下げである
  2回とも景気拡大を延命し成功

 ・今回の予防的利下げは、過去に例がない低インフレ状態、
  FRBは、インターネット・スマホ・SNSの普及により市場と対話しやすい

 ・政治影響は予測が難しい、米国大統領選挙までは、うまく市場対話を行い
  米国株は市場最高値を更新するでしょう

 ・日本株は、利下げした場合、円高のたm、上昇幅は低調となる
 

  自分の将来に向かって、リスクとリターン、時間軸を考えて行動しよう 
  投資は自己責任で、よりよい資産運用を!!
 
  本件、少しでも参考になれば幸いです
  スター、ブックマーク、読者登録など元気になります、よろしくお願いします