投資家シロヤマ 初心者の「気になること」

株式投資初心者の「気になること」を取り上げます、多様で複雑な経済状況・市場動向のインプットに対して、わかりやすく分析・予想を行い、どのように行動・アウトプットするか、サポートします

日銀のフォーワードガイダンス変更

個人投資家のシロヤマです

 

今日の「気になること」は、「日銀のフォーワードガイダンス変更」です

f:id:siroyama7:20190429144633j:plain

日銀本店

日銀は25日の金融政策決定会合で、

 ・政策金利の先行き指針(フォワドガイダンス)を変更し、現在の大規模金融

  緩和策による超低金利を「少なくとも2020年春ごろまで」続けると明確化

 ・低金利は、20年春よりもっと長くなる可能性も十分にあり、かなり長い期間

  であると明示した

 ・10月の消費税増税による悪影響を見定めるまで、景気を下支えする

 ・21年度の物価上昇率の見通しが1・6%にとどまる、21年度中に(目標の)

  2%に達する可能性は低い」と分析

 

これにより、メリットは

 ・日本の景気、株価の下支えとなり、米国がリードする世界経済の再上昇基調に乗る

デメリットは

 ・低金利により銀行の利ざやが減り、銀行経営が苦しい

 ・国の借金が増え続け、副作用により国力が低下し、将来の財政破綻リスクが高まる

 

大規模金融緩和というカンフル剤による目先の株価下支え、あるいは上昇の効果の恩恵を受ける一方で、副作用として将来の国力低下、株価暴落のリスクがあります

メリットがあればデメリットもあり、両面があることを正しく理解しておきたいですね

 

株、債券、現金など自分の資産配分について、リスクとリターンの期待値が、自分と客観的な尺度は、マッチしているでしょうか? ハイリスク・ハイリターンの配分、ローリスク・ローリターンの配分は? いつ、どれだけお金が必要か、時間軸が需要です

今はもちろん、3ヶ月先、1年先、10年先、もっと先までの暮らし方と向き合い、株式投資・資産運用を考えていきましょう

 

投資は自己責任で、よりよい資産運用を!!